« 究極の少子化対策-その名は鎖国 | トップページ | 度を超えるクレームはみんなを不幸にする »

携帯って携帯だけで考えちゃダメなんだと思う

ソニーの四半期利益が半年ぶりに黒字化するようです。
7月29日(木)に決算発表予定とのこと。

個人的にはソニーの製品が好きで、PCもVAIOを使っています。
でも、最近めっきり元気が無いですね。

どれぐらい他社に離されているのだろうと思って調べてみたら以下の通り。
(各社アニュアルレポートより。総資産/収益…兆円、純利益…億円、なお、換算は7月27日のRateを使用しておりちょっと不正確です)

Photo

 

Photo_2

 

うわ。全然かなわない。。

おっと、ひとつだけ勝っている金額がありました。

Photo_3

 

…総資産。
投資効率って。。

…でも、総資産が多いってことはきっと悪いことでは無くて、サムスンやアップルが持っていない技術を持っていたりするはず!

そこで、今回はガンバレ!ソニー!! ということで、ソニーの大ヒット携帯電話を考えてみましたですよ。

*****

まず、自分が携帯をいつ使うかと考えてみると、圧倒的に通勤/通学中が多いです。
実際に電車内に入るとほぼ100%の人が一度は携帯のメールをチェックします。それから思い思いの行動に移るんですよね。下の表のような感じで。

Photo_4

 

(通勤/通学中にやることの調査結果はこちらより転機)

あ、意外に本を読む人って少ないのだなぁと思い、追加調査。するとこちらの調査によると3割の人は本を全く読まないとのこと。

うーん。そうなると、巷で噂の電子書籍って一部の本好き、デジモノ好き、新しいもの好きの人たちの中のマイブームに近いのかも?でもまぁ、その人たちのヘビーユーザーぶりは目を見張るぐらいなのだと思うのですが。

では、一般的な人が使う携帯電話で何を提供するべきなのか。

その解がiphoneだったのですよね。つまり、インターネットのブラブラ見と、音楽プレーヤー。最高の暇つぶしアイテムなのです。

この音楽プレーヤーが曲者で、一度、ある音楽プレーヤーに音楽をドサっと入れてしまうとなかなか他の機器に移れないのです。人によっては数千曲の音楽を人質にとられているようなものなのですよ。

…そこを突くんだ!ソニー!!
そして、これが僕の考える救世主。

以前の記事で書いたのですが。スゴ録からPSPへとボタンのワンプッシュで録画番組を持ち出すことができるスゴものです。

これが、本当に便利。

TV番組にはちゃんとTVの前に座ってまで時間をとりたくないものの、結構チェックしたいという番組も多いのです。ニュースなんていつも「ながら」で見ていません?

この「ながら」需要と、通勤の間の暇つぶし需要を一気に取ることができるのがTV録画→転送システムなのです。

僕は実際にPSPで体験していますが、通勤中に見たいTV番組を見られるのは本当に助かります。ニュースを聞きながら本を読んだり、「龍馬伝」見ながら電車の中で号泣したり(笑)。

この快適さをもっと広めてほしい。そして、TVは未だに視聴率20%を確保する番組もあるのですから絶対に需要はあるのです。ワンセグのおかげで携帯でTVを見るという行為もにほぼ抵抗なく受け入れられると思います。

また、録画番組のストックが他社に移る障壁になって、再購入率も上がるのです。iTunesのTV番組版を作ってあげればよいのです。

日本ではTV番組の購入は当分ムリそうなので、録画をする録画機も売れるという一石二鳥な売り方。逆に何故今までやってないのでしょう?

スマートフォン、電子書籍機能と高機能化が進む携帯電話。星の数ほどの消費者を引き付けるためには、その場限りでの対応は効果がありません。何か強い引力をもったベースとなるサービスが必要です。

そして、ソニーはそのベースとなり得る、他社の持っていない技術を持っています。
それをこそ、売って欲しいのです。

携帯は端末だけで完結していると、簡単に乗り換えられてしまいますねーというお話でした。

*****

うむ。未来は明るい。こりゃ、ソニー株買いですね!

ちなみに、僕、投資では損したことしかないですが…(涙)

ではではー

|

« 究極の少子化対策-その名は鎖国 | トップページ | 度を超えるクレームはみんなを不幸にする »

できればディープに考えたい!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯って携帯だけで考えちゃダメなんだと思う:

« 究極の少子化対策-その名は鎖国 | トップページ | 度を超えるクレームはみんなを不幸にする »