« 度を超えるクレームはみんなを不幸にする | トップページ | 真夏の失敗学-日本の会社は線香花火 »

子育てスタートアップ期に分かったとても大切なこと

子育てって本当に大変だったんですねぇ。

皆さん夏休みに入り、家族と過ごす時間が増えていると思います。父親一年生の僕も子連れ帰省を初体験。

子供ができて変わったなぁと思ったのは、親の苦労が本当に分かるようになったことです。これは、確かに経験してみないと分からない。

子供は王様/女王様。お腹がすけば泣き、眠ければ泣き、つまらなければこれまた泣く。いや、大変。特に「母親」っていう役割がどれだけ大変かは一度代わってやってみないと本当に分からなかったです。

で、バタバタ育児を経験し、ここ数カ月で分かったこと。

それは、子育てのためにお母さんの時間の確保がとても大事だということ。

正直、子供を可愛がるなんて誰でもできるのです。本当に可愛いから。その一方で、ズタボロになっていくお母さんにまでケアの心を回せているお父さんってどれだけいるのでしょう。

ポイントは、自分がお母さんの自由時間をどれだけ作り出すことができているかだと思います。お父さんが子供の相手をすることで、お母さんに自由時間ができているか、リフレッシュできる時間を作れているか。

子供をあやす間に寝てもらう、子供と間にお出かけしてもらう、子供を寝かす間に趣味をしてもらう。お父さんがお母さんの自由時間を増やすことを意識していることはとても大事だと思います。

24時間365日働きずめでは疲れてしまうのは皆同じ。交替で休み休みいきましょう。
お互い、人生はマラソンなのですから。

良い夏を!!

ではではー

<もっと知りたい方へ>

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
明橋 大二
1万年堂出版
売り上げランキング: 707

子育て本の中で一番役に立ちました。こちらは番外編の忙しいお父さんのための一冊。かなり現実的に忙しいお父さんのことを考えながら書いてある本で、どんな子育てが皆にとってハッピーなのかが具体的にイメージできます。嫁さんは正規版を気に入っており、一人目の子育てスタートがもうすぐor真っ最中の人にはととてもためになるシリーズです。絵もとってもかわいい。簡単に読めるので、お母さんがお父さんに読め!!って渡すのもありだと思います。あと、お父さん版だと、絵の中の帰宅時間を示す時計が妙にリアルです(笑)。

ママはテンパリスト 1
ママはテンパリスト 1
posted with amazlet at 10.08.15
東村 アキコ
集英社

子育て本の中で一番笑いました。王子ごっちんとテンパリストママのバタバタ記です。嫁さんはこの本を妊娠中に読んで相当ビビっていました。

|

« 度を超えるクレームはみんなを不幸にする | トップページ | 真夏の失敗学-日本の会社は線香花火 »

日頃の「みっけ」を大事にしたい!」カテゴリの記事

コメント

海森さん、コメント有難うございます。
夏休みになってずっと家族と一緒に過ごすコトができて、幸せと大変さを分かち合っています。
お互いがんばりましょう!

投稿: しんのすけ | 2010年8月17日 (火) 19時15分

おはようございます。

私も子育て中パパです。今週はお休みなので、家族旅行に行ってきます。

確かにお母さんもたまには自由になりたいみたいで、いかに自由時間を確保させてあげるかも重要な事ですね。

自分の自由時間は無くなりますが・・・。

投稿: 海森 雅晴 | 2010年8月15日 (日) 07時47分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子育てスタートアップ期に分かったとても大切なこと:

« 度を超えるクレームはみんなを不幸にする | トップページ | 真夏の失敗学-日本の会社は線香花火 »