« 本の紹介 - 英語は絶対勉強するな | トップページ | Webがくれた安心 »

シンプルを代替するチーム管理手法は存在しない

チームの運営を任されるようになってから、チーム管理に様々な方法を試してきました。
Task管理を行ってみたり 、スケジュールを綿密に打ち合せてみたり。

この数年間の結果、分かったことが1つあります。
There is no alternative but a simple method.

1019 日別スケジュールスタンプ

 

個人的にはTaskChuteを愛用していて、Toodledoを通って、またTaskChuteに戻ってきています。2週間に1度仕事内容の時間別報告が必要になるので、 活動記録が必要なんです。活動記録が残ると週次のレビューもできますし。

一方で、チーム管理にタスク管理ツールを使ったら、ことごとく失敗しました。短いと2週間、長くても2ヶ月のお仕事なので、 ツールなんて使い慣れる前に終わっちゃうんですよね。

その他、人によっては結構拒絶反応もありました。「オレはこんな管理されたくないんじゃー」みたいな。まぁ、確かに人それぞれ仕事の進め方も管理方法って違うわけで、それを僕がやりやすいからコレでやってというのは受け入れられないんですよね。

ただ、一つだけ有効な管理方法があったんです。それが、期限管理。

シンプルにカレンダーを共有して、そこに皆が見えるようにタスクのDueを記載する。結局これが一番効きました。

まず、Dueが見えているのでそれぞれが自分の方法で進められる。で、皆が見ているので責任の所在が明らか。最後に、Dueから遅れそうになったらネジ巻きができる。

これをサポートしてくれるツールってGoogle CalenderかOutlookのスケジュール機能という超シンプルなツールだったりするのです。

これがベストでないことは分かっているのですが、僕の経験ではシンプル管理以上に良い方法が思いつきません。

皆さんはどのようにチームを管理していますか?

ではではー

関連おすすめ本

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン
二見書房
売り上げランキング: 520

 

 

タスク管理と言えばGTD。頭の中にあるタスクを全て書き出して、それを退治していくという方法に一度慣れてしまうともう元には戻れません。全ての仕事が見える状態にすることが効率改善の第一歩です!

関連記事

|

« 本の紹介 - 英語は絶対勉強するな | トップページ | Webがくれた安心 »

仕事の精度を高めたい!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンプルを代替するチーム管理手法は存在しない:

« 本の紹介 - 英語は絶対勉強するな | トップページ | Webがくれた安心 »