« 現代技術と知的生産 | トップページ | Pocket WiFi (D25HW)のソフトウェアアップデート完了後Webにつながらず困った話 »

災害に備えて家族全員にGmailアカウントを

皆さんの地震被害が少なかったことをお祈りしています。僕は東京で働いていたので、交通機関のマヒ程度で済みました。

初めての震度5強。自分が一段落すると、家族の安否が心配でした。

災害時の連絡/情報収集で学んだことを、忘れないうちにエントリーします。

連絡―携帯は×

携帯はやはりというか、つながりません。地震の起こった15時から17時ぐらいまで×、それ以降は待てばつながるようになりました。

一方で、固定電話はさすがの安定性で当初から普通につながりました。固定電話同士はOKだったのですが、IP電話へは少し掛かりづらいことも。また、公衆電話はつながるのですが、皆が公衆電話に殺到するのですごい行列になってしまいます。

携帯同士のメールが届き始めたのも2-3時間経過後の17時-18時ころでした。

つまり、携帯でいつも通りに連絡を取ろうとしても、被災から2-3時間はまず無理ではないかと思います。キャリアによるのかもしれませんが。

連絡―Webは○

Webサービス関係は問題なく使えました。GmailからGmailへのメールはすぐに届いていました。Skypeは試していませんが、クラウド系サービスは全般的に問題ないかもしれません。

情報収集―Twitterは活用にコツ

超速報のTwitterは情報収集にとても役に立ちました。様々な方から様々な情報がアップされるので、タイムリーかつピンポイントな情報を入手できます。

一方で、混乱していたこともあり誤認情報多かったです。また、何時の時点の情報か分からないものもあり、振り回されてしまったことも。情報ソース、情報入手時間が書かれているぐらいきっちりしたTweetなら信用してOKだと思います。

TV報道はさすがの貫禄で、コンパクトに情報をまとめてくれます。結局、家でTVを見ている家族から電話で連絡を受けていた友人の方が、必死に検索している僕よりも情報入手が速かったなんてことも。。

災害に備えてのクラウドサービス申し込み

今回の経験から、少なくともGmailのようなメールサービスは家族全員申し込んでおくべきだと思います。あとはSkypeもあったら良かったかも。

で、連絡を取りたい人と一度いっしょに使っておきましょう。メッセージを送る側ばかりが詳しくても、メッセージを受け取ってもらえなければ意味が無いこともだいぶ良く分かりました。

☆☆☆

東京は震度5強であれだけ揺れたのですから。。本当に皆さんの無事をお祈りします。

ひとまず、教訓として。

ではではー

追記

ヨメと話し合った結果、mixiが一番良いのではないかという話に。なるほど、SNSってこういうときにも役に立つんですね。実はmixiアカウント持っていなかったので、登録することになりました。確かに、携帯から使いやすい作りになっているのがGoodです。

|

« 現代技術と知的生産 | トップページ | Pocket WiFi (D25HW)のソフトウェアアップデート完了後Webにつながらず困った話 »

日頃の「みっけ」を大事にしたい!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害に備えて家族全員にGmailアカウントを:

« 現代技術と知的生産 | トップページ | Pocket WiFi (D25HW)のソフトウェアアップデート完了後Webにつながらず困った話 »