« WSJP.チャリティー講演会プロジェクト | トップページ | 新江ノ島水族館に学ぶ来館者体験の向上 »

iPhoneユーザーがINFOBAR A01に入れたAndroidアプリたち

スマートフォンの楽しみはアプリの使いこなしにあります。自分の必要なアプリを追加でダウンロードして、自分色のスマートフォンを創る過程が楽しいです。

Smartphone EvolutionSmartphone Evolution / Phil Roeder (lots of comments to catch up on)

INFOBARでAndroidデビューしたのですが、もともとiPhoneでいろいろなアプリを愛用していいました。スマートフォンでやりたいことをちゃんと分かってきたので、できれば同じ環境を整えたいなぁと思ってしまいます。

大手のサービサー(ex.Dropbox、Evernote、Facebook)からはiPhone・Android全く同じアプリがリリースされています。問題は、iPhoneにあるもののAndroidにないアプリをどうするか。代替するようなものがあるのかと、いろいろと探してみました。

その過程でAndroidさすがだなぁと思うアプリもあり、今回一緒にまとめておこうと思った次第です。

下の表が僕の中でのiPhoneとAndroidアプリの対応表です。あまりいらっしゃらないと思いますが、iPhone⇔Androidを同時に使う、乗り換える必要がある方は、ご参考までに。

 

1. iPhoneとほぼ同等の機能のアプリがAndroidにあるもの


個人的に使用頻度の高いアプリの代替アプリたちです。

 

2. Android特有でとても便利だと思うアプリ


PCとの連携という観点からは、Androidの方が使いやすい気がします。

 

3. iPhoneにあって、Androidにないアプリ


この2つが無いのは、本当につらい。。

 

Androidマーケットについて気づいたこと


Androidマーケットをある程度使って気づいた点は以下の2点です。

1. AndroidマーケットはApp Storeのようにランキングもカテゴリ毎に整然とされていない。
2. iPhoneでは有料で販売されているようなアプリもAndroidマーケットでは無料で売られている(ex. Angry Birds)

Androidの市場はGoogleが体現しているように非常にオープンです。マーケットにはアプリ数も極めて多く、過当競争による価格下落の強い圧力とWinner Takes Allの原則を強く感じます。

奇しくも、GoogleがMotorola Mobilityの買収を公表した昨今、これからAndroidがどのようになるのかもとても楽しみです。

ではではー

 

Andronavi

http://andronavi.com/

Androidのオススメアプリの紹介サイトです。Androidアプリをお探しの際に、ぜひご利用を。iPhoneで言うところのAppBankです。

 

 

RSS登録(Green)

|

« WSJP.チャリティー講演会プロジェクト | トップページ | 新江ノ島水族館に学ぶ来館者体験の向上 »

Androidも気になります!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneユーザーがINFOBAR A01に入れたAndroidアプリたち:

« WSJP.チャリティー講演会プロジェクト | トップページ | 新江ノ島水族館に学ぶ来館者体験の向上 »