« 経験に基づく効率性と独創性の喪失 | トップページ | ホスピタリティで日々を鮮やかに »

Limit x Shoud be = Will

AppleのCEOスティーブ・ジョブス氏が会長職に退きました。

Steve Jobs
Steve Jobs Photo by 130shin

健康の問題を抱える氏は、時間と常に戦っていました。一方で、自身の強いビジョンであらゆることの「あるべき姿」が見えてしまい、完璧主義者として手を抜けないというジレンマもあったでしょう。

時間的なLimitとShould beは、Willを生み出す源泉となります。以前、Will × Skillの話もしましたが、今回の件から個人としての力を組み合わせると以下のようになるのではないかと思うようになりました。

 

Power × Vision
Power × Vision Photo by 130shin

 

Willは時間的なLimitとShould beで強くなるもので、それとSkillが重なることでPowerが生まれます。そして、PowerがVisionと相まって世界を変えるのではないかと。

Appleに戻ってきてからの、iPod、Mac Book Air、iPadといった晩年の製品はワクワクするだけではなく、現実的に皆に行き渡る価格のものでした。Visionary Personとしての氏のVision、世界を変えたいと願う氏のWill、それを実現するAppleという会社のSkillが相互に作用して、本当に世界を変えてしまいました。

今や、iPhoneは世界で5,000万台を超えて出荷されています。2007年に登場してから、4年間で全世界の約1%の人が使うようになったのです。

革命は起こすことができるものだ。

その教えこそが、ジョブス氏が世界に送る最大のプロダクトなのかもしれません。

ではではー

 

 

RSS登録(Green)

|

« 経験に基づく効率性と独創性の喪失 | トップページ | ホスピタリティで日々を鮮やかに »

日頃の「みっけ」を大事にしたい!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Limit x Shoud be = Will:

« 経験に基づく効率性と独創性の喪失 | トップページ | ホスピタリティで日々を鮮やかに »